春から阪大生、春からアドレナリンジャンキー

2018/03/16 Fri

アドレナリン・ジャンキー
アドレナリン中毒者[依存症の人]
◆アドレナリンが分泌されるような危険な活動・スリル・闘争などが大好きで、やめられない状態の人。

我が部はマウンテンバイクで山道を走り回っています。
下りで思い通りにバイクを操作しきれると、達成感とスリルによるアドレナリン分泌で快感に浸れます。
これがやみつきになって簡単にアドレナリンジャンキーになれます。

...このように書くとこの部の活動は危ないと感じられると思いますが、自分でコントロールできるスピードで走るので怪我をすることは少ないです。骨折して入院したみたいなことは無いです。ロードレーサーに乗ってオンロードで50 km/h 以上も出して転倒すると大惨事になりますが、MTBで山道を走るといったら20~30 km/hくらいですから転倒してもダメージは少ないですね。
言わば比較的安全にスリルを味わえるコスパのいいスポーツです。

また、少し話はズレますが、オフロードを自転車で走るのはとても体力を使います。つまり痩せます。高校では部活で体を動かしていたけれど、大学に入って運動不足になり、太るのが心配という方にもおすすめです。


活動内容をもう少し詳しく
活動日:
授業のある期間は土日のどちらか、もしくは両日。(部員のやる気次第)
授業のない期間は曜日にとらわれずに部員の予定が合う日。バイト、帰省は自由です。

練習内容:
自分の気に入った種目を練習します。
現在の部員の多くはクロスカントリー系のバイクを所持しているためクロスカントリーの練習を行っています。しかし、うちの大学の近くには割と有名なダウンヒルに寄ったトレイルがあり、部員はそこが気に入っているためクロスカントリー系のバイクで果敢に下る練習をよくしています。

部費:
基本無料!
(MTBは自分で買ってね!大会費、遠征費も出そうね!)
大会、遠征については部員のやる気があれば月1~2回程度行きます。
大会参加費3000~10000円程度(ほとんどが5000円以内に収まります)。
交通費については近畿圏なら10000円を行った人数で割るくらい。

MTBの購入費については複雑なので詳しく書けないですが、ざっくりと
必要スペック: 8万円
推奨スペック: 40万円
(現状誰も推奨スペックを満たしていない)

ここの部は部としての縛り付けがほとんど無いので全て自分で決められます。ガチでレースに挑むことも出来るし、週末に軽く運動するぞ~くらいでも十分楽しめます。
ここまで読んでくれてありがとうございます!なにか知りたい事があれば ouccmrt@gmail.com まで気軽にご連絡ください!

2/14,15 練習

2018/02/16 Fri

二日連続で練習しました

二日ともクリーンセンターのコースに行きました。

10月あたりの台風で荒れていたコースもすっかり走りやすくなり、とても楽しかったです
(部員はもれなく運動不足なので、コースの入り口までたどりつくのは難易度高め)

14日に、OBの方から譲っていただいたMTBを整備して
先輩は15日にそれで行ってました

いいサスペンションらしいのですが、ポヨポヨなので登りはすごくしんどそうでした

僕もそのうち乗ってみたいと思います

王滝2日目

2017/11/26 Sun

おそくなりましたが先週のsda王滝2日目について書きたいと思います

2日目の朝(深夜)は2:30に目覚ましをならし、ゆっくりと準備をはじめました
朝ごはんにおにぎりを食べ、防寒対策をしっかりして4時過ぎごろに宿を出発しスタート地点の会場に向かいます

会場につき外に出ます
(さむっ! ・・・ さむっ! ・・・ さむっ!)
自転車の整備をしつつ空を見上げると見事な星空が広がっていました
きれいでしたね
自転車をもってスタート地点に行くとすでにずらりとたくさんのMTBがおかれていました
もうすぐスタートです

スタート10分前
真っ暗な中スタート地点へ行きます
さむー
だれかが除霊をしてくれていたようですが寒すぎてそれどころではありませんでした。

いよいよスタート
先輩と「頑張りましょう」なんていいながら走りだしました
最初、僕が想像していたよりもみんな速いので驚きつつ、流れについていっているとスタートから間もなく少し体が温まってきてちょっとよかったです。そして周回コースにはいっていきました

1周目
今回の大会は直前に急遽コースがかわって周回コースを5周し、約100km走るコースになりました
周回コースにはいりしばらくはひたすらのぼり!
まあ、ながいのぼりでした
だんだん雪があらわれてきて、気づくとあたりはすっかり雪まみれになっていました
のらりくらりのぼりつつ、たくさんの人のぬかされつつなんとか登り切りいよいよ下りです
標高が高いところは当然のごとく雪がつもっています
そこを下っていくわけですが、すべってこけそうになったり積もっているところにつっこんでひやひやしました
でも、そのスリル感というか新鮮な感じがめっちゃ楽しい!
1周目の下りは楽しさしかありませんでした
DO_NKmEVQAAt1Wk.jpg

2周目
またあの長い上りがはじまるのか・・・
しぶしぶ上りはじめるとなにか1周目とちがうことに気づきました
ペダルが重い
どうしたのかめちゃくちゃペダルが重い
つかれるだけでこんなにも変わるものかとおもいました
そして上り終盤にさしかかった時に下をみるとなるほどとおもいました
手元では一番軽いギアにいれていることになっていたのですがフロントディレイラーがおそらく1周目の下りで凍結してしまって全く動いていなかったのです
どうりでおもいわけや
自転車素人なのでギアがかわらないなどという発想がありませんでした

3周目
まず、同じ目にあわないようにディレイラーをとかそうと思い近くにいたおじさんに聞くとエイドステーションでお湯がもらえるという情報をききエイドステーションへ
そこでお湯をもらいやさしいおじさん(別の)が手伝ってもらいなんとか動くようになりました
そして3周目にはいります
2周目ですっかりつかれきってしまい、全然進まない
すぐに妥協して立ち止まってしまう
それでもなんとか自分をふるいたたせ走り続けました
どんどん他の人にぬかされていつのまにか孤独に走っていて少しさみしくなりました

3周目ゴールがみえてきました
2周目はしり終えた時点でわかってはいましたが、3周目でリタイア
走った距離は約60km
完走したわけでもないのに、非常に達成感がありました

本部会場に戻り、豚汁をもらいたきぎの近くで飲みました
あたたかすぎな

さらに宿に戻りお風呂にいれてもらいました
これが幸せすぎました
その日も宿に泊まっていたならすごい長風呂になっていたことでしょう
帰りにラーメンをたべ、帰りました
先輩車の運転ありがとうございました

今回の大会は非常に過酷なレースでした
またsda王滝に出場していつか完走したいです

サイクリング部MRT班 1回生 



 

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

王滝1日目

2017/11/18 Sat

sda王滝にきました

途中に牧尾ダムというダムがあり、ダムカード集めをしっかりこなしつつ、5時間半ほどで長野県王滝村に到着
ダム

山に囲まれていてのどかな王滝村
まだ太陽が出ているのにめちゃくちゃ寒い!

明日の朝がどれほど寒くなるのか恐ろしくなりました

エントリーをすませると、プロ選手のトークショーがはじまりました
知らない選手でしたが、きっとすごいんでしょう
レース前の朝食にはパン1、2斤食べるそうです
プロ選手

明日のコースは標高1500mぐらいのところでは雪が積もっているとのことで、たのしみです

夕飯に王滝食堂でいのぶた鍋をたべました
明日は朝が早いので早め寝てしっかり休んでおきたいと思います


王滝前の最後の練習

2017/09/14 Thu

今週末の王滝SDAに向けての練習でした。

普段の 「下り楽しいぃぃぃぃ!!!」 な練習とは違って、登りのルート選びやペダリングなどを考える少し頭のいい練習をしていました。あとは本番走るだけです。

当日に台風が直撃するかもしれないですが完走してやりたいです!

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

OUCCMRT

Author:OUCCMRT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード