FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王滝2日目

2017/11/26 Sun

おそくなりましたが先週のsda王滝2日目について書きたいと思います

2日目の朝(深夜)は2:30に目覚ましをならし、ゆっくりと準備をはじめました
朝ごはんにおにぎりを食べ、防寒対策をしっかりして4時過ぎごろに宿を出発しスタート地点の会場に向かいます

会場につき外に出ます
(さむっ! ・・・ さむっ! ・・・ さむっ!)
自転車の整備をしつつ空を見上げると見事な星空が広がっていました
きれいでしたね
自転車をもってスタート地点に行くとすでにずらりとたくさんのMTBがおかれていました
もうすぐスタートです

スタート10分前
真っ暗な中スタート地点へ行きます
さむー
だれかが除霊をしてくれていたようですが寒すぎてそれどころではありませんでした。

いよいよスタート
先輩と「頑張りましょう」なんていいながら走りだしました
最初、僕が想像していたよりもみんな速いので驚きつつ、流れについていっているとスタートから間もなく少し体が温まってきてちょっとよかったです。そして周回コースにはいっていきました

1周目
今回の大会は直前に急遽コースがかわって周回コースを5周し、約100km走るコースになりました
周回コースにはいりしばらくはひたすらのぼり!
まあ、ながいのぼりでした
だんだん雪があらわれてきて、気づくとあたりはすっかり雪まみれになっていました
のらりくらりのぼりつつ、たくさんの人のぬかされつつなんとか登り切りいよいよ下りです
標高が高いところは当然のごとく雪がつもっています
そこを下っていくわけですが、すべってこけそうになったり積もっているところにつっこんでひやひやしました
でも、そのスリル感というか新鮮な感じがめっちゃ楽しい!
1周目の下りは楽しさしかありませんでした
DO_NKmEVQAAt1Wk.jpg

2周目
またあの長い上りがはじまるのか・・・
しぶしぶ上りはじめるとなにか1周目とちがうことに気づきました
ペダルが重い
どうしたのかめちゃくちゃペダルが重い
つかれるだけでこんなにも変わるものかとおもいました
そして上り終盤にさしかかった時に下をみるとなるほどとおもいました
手元では一番軽いギアにいれていることになっていたのですがフロントディレイラーがおそらく1周目の下りで凍結してしまって全く動いていなかったのです
どうりでおもいわけや
自転車素人なのでギアがかわらないなどという発想がありませんでした

3周目
まず、同じ目にあわないようにディレイラーをとかそうと思い近くにいたおじさんに聞くとエイドステーションでお湯がもらえるという情報をききエイドステーションへ
そこでお湯をもらいやさしいおじさん(別の)が手伝ってもらいなんとか動くようになりました
そして3周目にはいります
2周目ですっかりつかれきってしまい、全然進まない
すぐに妥協して立ち止まってしまう
それでもなんとか自分をふるいたたせ走り続けました
どんどん他の人にぬかされていつのまにか孤独に走っていて少しさみしくなりました

3周目ゴールがみえてきました
2周目はしり終えた時点でわかってはいましたが、3周目でリタイア
走った距離は約60km
完走したわけでもないのに、非常に達成感がありました

本部会場に戻り、豚汁をもらいたきぎの近くで飲みました
あたたかすぎな

さらに宿に戻りお風呂にいれてもらいました
これが幸せすぎました
その日も宿に泊まっていたならすごい長風呂になっていたことでしょう
帰りにラーメンをたべ、帰りました
先輩車の運転ありがとうございました

今回の大会は非常に過酷なレースでした
またsda王滝に出場していつか完走したいです

サイクリング部MRT班 1回生 



 

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

王滝1日目

2017/11/18 Sat

sda王滝にきました

途中に牧尾ダムというダムがあり、ダムカード集めをしっかりこなしつつ、5時間半ほどで長野県王滝村に到着
ダム

山に囲まれていてのどかな王滝村
まだ太陽が出ているのにめちゃくちゃ寒い!

明日の朝がどれほど寒くなるのか恐ろしくなりました

エントリーをすませると、プロ選手のトークショーがはじまりました
知らない選手でしたが、きっとすごいんでしょう
レース前の朝食にはパン1、2斤食べるそうです
プロ選手

明日のコースは標高1500mぐらいのところでは雪が積もっているとのことで、たのしみです

夕飯に王滝食堂でいのぶた鍋をたべました
明日は朝が早いので早め寝てしっかり休んでおきたいと思います


MTB チャレンジCUP 2017[第7戦]

2017/08/27 Sun

古法華自然公園で行われた、龍野マウンテンバイク協会さん主催のレースに出場しました。

ほぼ平坦なコースで地面は芝と土が半々といった感じでした。一部河原を走る区間もありました。

これだけを書くと簡単そうですが、コース設営により難易度が高くなっていました。
木の根っこが張り巡っている道幅1メートルのヘアピンがあったり、テクニカルなS字があったりと腕が試されるレイアウトでした。
河原区間はレイアウト云々というより純粋に難しいです。コースでは川を渡るようになっていて、タイヤを濡らしてから石の区間を走る訳ですからとても滑りやすい。

脚力が試される直線区間だけでなく、腕が試されるS字等で離されたのが悔しいですね。サスペンションのセッティングを詰めるともう少し速く抜けれたかもしれないですが、まだ経験が足りないです。それと攻める勇気も足りない気がします。

慣れないSPDペダルで出場していたので河原区間では本当に転倒しそうになりました。
石の区間は軽いギアで走ると早く抜けられることが後半で判明して試走で気づけば良かったなと後悔しました。

お楽しみのジャンプ台は楽しい。楽しい。


エリートの選手に周回遅れにされないことが目標だったのですが、2周も遅れてしまいました。
最後まで走り切る体力は付いたのですが、足に高い負荷を掛け続けて走るには体力も脚力も足りてない感じです。
レースをしてるなかで15周のうち5周目くらいから、とある選手と最後まで抜きつ抜かれつのバトルをして、レースの楽しさを知れました。他の選手を競っていると限界を超えて走れますね。
来年は第1戦からフル参戦したいです。

楠本

MTB チャレンジCUP 2017[第3戦]

2017/04/18 Tue

20170416XC

MTB チャレンジCUP 2017[第3戦]フォレストステーション波賀 
主催:龍野マウンテンバイク協会

今回は 
MRT班から 楠本
レーサー班から 山本
ツアー班から 主藤、小江
の4人でエントリーしました。

初めてのコースだったので会場に到着してすぐ試走したのですが、試走の1周でヘトヘトに。。。
試走後、サドル位置や空気圧を合わせて、1周に15分くらい掛かるだろうなという印象を持ってスタート地点に着くと
前のほうから 「1周を5分で回れたらいい方やろ」 という声が聞こえてきて絶望。

絶望してても仕方がないので全力で挑みましたが歯が立ちませんでした。。。

↓↓ リザルト ↓↓
http://dnights.com/ott/result/2017/170416_haga_ch.pdf

レーサー班の山本君はさすがの順位です。
ツアー班の小江君もフルサスで踏み込む力が吸収されながらもいい順位です。
主藤君は機材トラブルで残念ながらリタイアになりました。
MRT班の僕は...


レースとしてはダメダメでしたが、普段のコースとは全く違う地面を経験できて良かったです。
ジャンプ台やバンクがありMTBの重要な技術を練習できるよう設計されたコースだったのでまた参加したいです。


主藤君に写真を撮ってもらったので掲載しておきます。
主藤君ありがとう!!
20170415XCRacer

20170415XCTour

20170415XCMRT


レース後にコースが解放されていたのでジャンプの練習もしてました。
https://youtu.be/0xcEoQR-rgA
侵入でふらついてるのがカッコ悪いですね


このレースについての一連のツイートをまとめてみました















レース関連

2012/03/20 Tue

たなかです、まとめて大会関連の報告します。

続きを読む

プロフィール

OUCCMRT

Author:OUCCMRT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。